顔 痙攣 ストレス 目とまぶた

顔の痙攣が止まらない、目やまぶた、唇、口に。原因と対処法

スポンサーリンク

顔のけいれんが起きると非常に気持ち悪い、しっくりこないなんとも言いがたい感じを受けます。
自分の意思とは無関係で、止めようと思っても止まらない。
非常に気になるのが、痙攣です。
不思議なもので、気にしているときは痙攣が止まらず、ふと気づくといつの間にか止まっているので不思議です。
この痙攣は顔のまぶた、頬、ほっぺたを初め、腕や体、足など筋肉がある部分にのみ痙攣が起きます。
この筋肉がある部分にのみが原因ですので、筋肉が何がしかの影響により痙攣が起きているわけです。
その何がしかですが、次のような原因が主になります。
精神的・心理的な要因・・・・・
精神的なストレス、緊張を身体的に受けていたり、怒りなど強い感情を受けた時などに筋肉が痙攣を引き起こします。
ストレス、感情を精神的に押さえ込もうとする反発の心理が顔の筋肉が緊張、収縮をすることで実はストレスや感情を溜め込んでいるのが筋肉なのです。
溜め込んだ筋肉が次第に痙攣をします。

スポンサーリンク

それは、緊張などが自分の中で収まった後からでも出ることがあります。
生理的・肉体的な要因・・・・・
筋肉自体は常に動いているわけですが、実は筋肉が固くなった時に筋肉自体が筋肉を柔らかくするように自分で痙攣、運動をして固くなった筋肉をほぐしている状態も、痙攣の原因の1つです。
他栄養的に、筋肉が必要とするカリウムやナトリウム、カルシウムなどが不足が進むと痙攣を引き起こします。
また、疾患の原因もまれに原因として挙げられます。
血管などが神系を刺激、圧迫することで神系に異常反応をさせることで、けいれんを引き起こします。
代表的なものが、顔面痙攣などの原因の一つになっています。
このように、疾患から、精神的な要因がありますが、比較的に短時間で収まることが多いのですが、この痙攣が長期的に出ていたり、回復が内容でしたならば医師への相談も必要かと思います。
時には、ストレス的な要因であっても医師に相談することで悩みを解決出来る可能性がありますの、痙攣が止まらない時には受診も1つです。

スポンサーリンク