目 痙攣 上まぶた 原因

目の上まぶたの痙攣の原因について

スポンサーリンク

目の上まぶたが自分の意思とは関係なくピクピクしてしまう、という経験をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。
一時的なものだとパソコンの使い過ぎで目が疲れてるのだろうと、ついついそのままにしてしまいがちです。
目の上まぶたの痙攣にはいくつかの原因があり、それに応じた対処法があります。
原因として最も多いのが、眼瞼ミオキミアです。
眼精疲労やストレスなどによって引き起こされる一時的なもので、目を休めストレスの原因を取り除くことが最も効果的な対処法です。
最近ではパソコンやスマートフォンなどの使用時間が増加し、目が疲れやすくなっています。
疲れをとるにはそれらからまずは一時的にでも離れることが大切です。
日常においても、例えばパソコンを使用しているときの姿勢や部屋の明るさなどに気を付けることによって疲労を少なくすることができます。
また、疲労回復には、温めたタオルなどを閉じたまぶたの上に乗せて温めることも効果があります。

スポンサーリンク

目の上まぶたの痙攣が長時間続く場合には、眼瞼痙攣の疑いがあります。
眼瞼痙攣の症状には痙攣以外に、まばたきが多くなる、まぶしさを感じる、まぶたが自然に閉じてしまう、というものがあります。
症状が進むとまぶたが閉じたまま開けることができなくなってしまい、日常生活にも支障をきたし時には事故にあうなどの危険性もあります。
しばしば症状が似ているドライアイと間違えられます。
根治的に治す方法はありませんが、症状を抑える対処療法が行われます。
痙攣が目の周辺だけだったのが顔の片側全面に広がると、片側顔面痙攣という病気が原因だと考えられます。
血管が顔面の神経に接触していることが原因で起こります。
脳の病気が原因である場合もあるので、早めに検査をすることが大切です。
一時的なものであれば休養をとることで治すことができます。
しかし、症状が長く続いたり、他の症状があるのであれば病気が原因かもしれません。
その場合には、早めに眼科専門医などの診察を受けましょう。

スポンサーリンク