左目 下まぶた 痙攣 原因

左目の下まぶたが痙攣する原因

スポンサーリンク

左目の下まぶたが痙攣する原因は、目の血行不良や病気による原因が多いです。
目の血行不良は、目に疲労が溜まって目の筋肉が固くなることで引き起こされます。
左目が血行不良になると左目の下まぶたを痙攣させることで、左目の固くなった筋肉を動かそうとします。
下まぶたの痙攣は血流を良くするために筋肉を動かそうとしているために起こります。
目の血行不良になる原因は、ストレスやスマホやテレビを見たときの疲労、コーヒーなどに含まれるカフェインの摂りすぎ、飲酒、喫煙などです。
カフェインやアルコールは痙攣を引き起こしやすくなるので摂りすぎないようにしてください。
目の疲労によって起こるものは放っておくとドライアイや結膜炎を引き起こすことがあります。
空気が乾燥していたり、目の角膜に傷があると進行することもあります。
目の痙攣が治らない場合は、目の病気によって引き起こされているかもしれないので、医療機関で医師に相談して調べてもらいましょう。

スポンサーリンク

病気から引き起こされるものの原因は主にまぶたに起こるものが多いです。
病気から起こるものは、まばたきの回数が少なく目が乾燥することで起こるドライアイ、上まぶたと下まぶたが意思とは関係なくピクピクする眼瞼ミオキミアがあります。
医療機関での治療が必要な眼瞼痙攣、パソコンやスマホの使い過ぎで目に疲労が溜まって起こるVDT症候群、まぶたがあげられなくなる開瞼失行、まぶたが垂れ下がってくる眼瞼下垂、まぶたや頬がピクピクする顔面けいれん、筋肉に麻痺が起こる重症筋無力症があります。
また、脳に起こる病気の初期症状にまぶたがピクピクすることもあり、ピクピクしたまま続くようであれば医療機関で医師に相談、治療をしましょう。
原因の病気のなかでも重症筋無力症は、進行すると全身の筋肉が麻痺して呼吸困難を引き起こすこともあるので、重症筋無力症の疑いがある場合はすぐに医療機関に受診しましょう。
痙攣が数日間にわたって続く場合は医師に相談しましょう。

スポンサーリンク