目の下 痙攣 病院 何科

目の下に痙攣の症状がある場合にかかるのは、病院の何科なのか

スポンサーリンク

「目の下がピクピクと痙攣する場合にかかるのは、病院の何科になるのでしょうか」という質問の答えは、まずは眼科を受診するようにしましょう。
目の下の痙攣は、ほとんどの場合一時的なものであり、しばらくすると自然に治まります。
そして、一時的な痙攣の原因は、眼精疲労や睡眠不足となりますので、目を十分に休ませて休養することが対処法となります。
ただし、症状が続く場合には病気が原因の可能性が考えられますので、必ず病院を受診するようにしましょう。
前述しましたように、ほとんどの目の下のピクピクは、目を休ませることで治まります。
また、ストレスも痙攣の要因となりますので、この場合には、心身を休ませてリラックスすることで治まります。
ゆっくりと休養しても症状が続く場合には、病気の可能性が高くなります。
具体的な病院へ行く目安については、目の下だけではなく顔のほかの部位にもピクピクとした症状がある、目を開けていられないほど症状がひどい、数日間経過しても治まらないといった状態が目安となります。

スポンサーリンク

目の下が痙攣する病気については、顔面ミオキミヤや眼瞼痙攣などが挙げられます。
いずれの場合にも、何科を受診するのかについては、眼科が第一選択肢となります。
眼科でMRI検査やCT検査を受けた結果、脳に異常があると判断された場合には、脳神経外科などを紹介してもらうようになります。
眼科を受診して検査の結果脳に異常が見られない場合には、抗けいれん薬が処方され、経過観察していくようになります。
日頃、過剰なストレスを抱えているという方の場合には、心身をリラックスさせることが重要となりますので、何科を受診するのかについては、心療内科や精神科も選択肢となります。
片側顔面痙攣という病気の場合には、顔全体に症状があらわれます。
抗けいれん薬が処方されるようになるのですが、薬物療法で効果が見られない場合には、ボツリヌス菌を直接まぶたに注射する治療が施されるようになります。
この病気は、脳幹の血管が関与していますので、脳の手術を施さなければいけないケースもあります。

スポンサーリンク