下唇 痙攣 認知症 片側顔面痙攣

下唇が痙攣する原因は認知症と片側顔面痙攣かも

スポンサーリンク

下唇がぷるぷると痙攣する原因には、認知症の始まりが該当します。
認知症は加齢等が原因で脳が萎縮し、スカスカの状態になります。
そのため記憶を保管出来なくなったり、間違えてインプットされたりしてしまうのです。
下唇の震えは脳に異常が有る時に出やすいので、震え以外に物忘れや幻覚等の症状が見られるようなら1度大きな病院で精密検査を受けると良いでしょう。
それに記憶が保持出来ないとか混沌するというのは、認知症で無くても何らかの脳疾患を患っている可能性が有ります。
加えて下唇が痙攣するというのなら、なおさら脳疾患の可能性が高いと言えるでしょう。
ですから認知症で無いにしても、病院に行くのが最良な選択になるでしょう。
脳に異常が有る場合、放置して置くと症状はどんどん悪化します。
脳は身体に指示を送っている大事な部位で、正常に機能しなくなったら普通の生活が遅れなくなる事も有るのです。
しかし早期の発見治療で症状を軽くしたり治したりする事も出来るので、下唇が震える時は病院に行って下さい。

スポンサーリンク

認知症のような脳疾患以外で下唇が痙攣する原因には、片側顔面痙攣という症状が有ります。
左右どちらかの顔が上から下までぷるぷると震える病気で、まぶたから口元へと症状が広がって行きます。
しかしまぶたに症状が出ても、「ドライアイだから」とか「疲れているだけ」という風にその原因を勘違いする人も多いです。
その理由は、目はほんの些細な疲労でも異常を感じてしまうからです。
そのため大きな病気に気が付かずに、スルーしてしまう事態があとを絶たないのです。
しかし顔がぷるぷるするのを放置しておくと、さらに症状が悪化して麻痺状態になってしまうかもしれません。
ですからまぶたが震える回数が増えたりスピードが上がったりした時や、唇だけでなく顎の下まで痙攣するようになった時には急いで病院で検査と治療を済ませましょう。
ちなみに片側顔面痙攣は40代以上の女性に多い病気ですが、その他の世代や男性が絶対にかからないという保証は有りません。
なのでどのような人でも、片側顔面痙攣を視野に入れておきましょう。

スポンサーリンク