眼瞼 痙攣 ストレス 対処法

ストレスによる眼瞼痙攣と対処法

スポンサーリンク

人の体は、ストレスを感じると色々な形でサインを出すと言われています。
よく知られているものでは動悸や血圧の上昇などがありますが、そんな人の体からのサインの一つに、眼瞼がぴくぴく動く症状があります。
痛みがあるわけではないけれど、止まらない眼瞼の痙攣に戸惑う方も少なくないでしょう。
顔に痙攣の症状が出る部位は、そのほとんどが眼瞼、または口の端で、こういった顔の痙攣や麻痺は脳の病気によるものという可能性もありますが、原因の9割はストレスなのです。
顔面には実に多くの神経が走っており、この中には顔の筋肉を動かす顔面神経があります。
ストレスが強まると、この顔面神経が異常に活発になり始め、必要もないのに筋肉が動くことが痙攣となってあらわれるのです。
また、こういったストレス性の症状は圧倒的に女性に多いとされています。
ストレス性の眼瞼の痙攣を起こすのは若い女性に多く、物理的な目の疲れによる痙攣は中高年女性に多いことがわかっています。

スポンサーリンク

顔や眼瞼に痙攣が起こった場合の対処法として、まずは自らの生活環境を振り返り、過剰にストレスをためこむようなことをしていないかを考えましょう。
充分な睡眠をとっていなかったり、人間関係で疲れていたり、無理なスケジュールで生活しているなど、様々な理由が見えてくることでしょう。
真面目な人ほど頑張り過ぎて、知らず知らずの間に内部にイライラをためこんでいたりするものです。
原因を取り除いたり改善したりするのが難しいようであれば、そのためこんだものを発散すできる法を見つけることが大切です。
何よりも自分がリラックスできる時間を少しでも作ることが、完治への第一歩です。
ゆっくりできる場所で過ごして心を休めるという対処法以外にも、たとえばスポーツで体を動かすなどといった気分転換できる趣味を持つことも対処法の一つです。
眼瞼の違和感は、その抑鬱感により症状が悪化することもあるので、早く治さねばと焦らず、落ち着いて少しずつ向き合っていきましょう。

スポンサーリンク