したまぶたの痙攣 原因 対処法

したまぶたの痙攣の原因と対処法

スポンサーリンク

ふとした時にピクピクと目の下が動き、したまぶたの痙攣を経験をされたことがある人は少なくありません。
一時的にしたまぶたの痙攣する原因については、ストレスや眼精疲労などが、おもな原因として挙げられます。
しかし、ストレスや目の疲れが原因のしたまぶたの痙攣は、あくまでも一時的な症状である場合です。
短時間では治まらず、数日間続くような場合には、何かの病気がその背景にあるということが疑われます。
一時的なしたまぶたの痙攣の対処法については、目の疲れをとるために目の周りを温めるようにしましょう。
目の周りの筋肉がほぐれて血管が広がりますので、血行が促進されることによって、目にたまった疲れも改善されるようになります。
中には、目の周りを冷やす方もいらっしゃるのですが、この対処法は逆効果です。
冷やすことによって血管が収縮し、血行が悪くなりますので、疲れ物質が血液中に溶け込んでスムーズの流れていかないようになるからです。

スポンサーリンク

眼精疲労をとるため方法として、目の回りを蒸しタオルなどで温めるという対処法が有益なのですが、さらに、湯船にゆっくりとつかって、体の芯から温まるという対処法がベストとなります。
この対処法であれば、目の周りの血行だけではなく、全身の血行が良くなるからです。
眼精疲労だけではなく、首こりや肩こりも改善させることができます。
38度程度のゆるめのお湯に、ゆっくりとつかるようにしましょう。
蒸しタオルは、電子レンジを使えば簡単に用意することができるのですが、さらに手軽に目の周りを温めたいという方には、スチーム式のアイマスクをおすすめします。
スチーム式のアイマスクは、ドラッグストアなどで簡単に入手することができます。
現代では、インターネットが広く普及して、長時間パソコンで作業をしたり、スマホを操作する人も少なくありません。
長時間パソコンやスマホを触ってると、目のしたのまぶたの痙攣が起こるリスクは高くなります。
ディスプレイの明るさを控えめにするなどして、できるだけ目の負担を少なくするようにしましょう。

スポンサーリンク