眼瞼ミオキミア 原因 対処法

眼瞼ミオキミアの原因と対処法について

スポンサーリンク

眼瞼ミオキミアとは、一時的ではあるものの自分の意志とは関係なく、片目の瞼がピクピクと痙攣する病気です。
このような症状は短くて数日、長くても数週間で治まります。
眼瞼ミオキミアの原因は、主に3つあります。
ですから、逆に言えばこのような原因を取り除くことが何よりの対処法になるのです。
では、原因を具体的に見て行きましょう。
1つ目は疲労です。
これは単なる疲れ目だけでなく、肉体的疲労や寝不足、現代人のマストアイテムであるパソコンやスマホの影響もあります。
ですから、対処法としてはパソコンやスマホを使う時間を出来る限り短くしたり、睡眠をしっかり取ることが大切です。
2つ目はストレスです。
これは今の自分にとって何がストレスになっているのかを見極めて、それを根本的に改善するか、自分なりのストレス解消法を身につけると良いでしょう。
3つ目はコーヒーなどカフェインが含まれる飲み物の過剰摂取です。
カフェインの刺激は症状を悪化させます。
ですから、これを減らしたり一時的にでも飲まないようにしましょう。

スポンサーリンク

上記のように見て来ると、眼瞼ミオキミアは、日常生活にそれほどの影響力を持つような症状ではないように思えます。
しかし、その裏には何らかの重篤な病気が隠れている場合があります。
少しでも異変を感じたらすぐに病院に行くのが賢明です。
まず1つ目は、症状が数週間以上経っても治まらない時です。
こんな場合は眼瞼ミオキミアではなく、他の病気の可能性があります。
2つ目は、瞼以外の部分も動く場合です。
瞼以外の筋肉まで症状が及んでいる時には顔面けいれんが疑われます。
3つ目は、生活に支障が出るほど酷い症状が出ている場合です。
このような場合には、眼瞼けいれんの可能性があります。
4つ目は、視力が低下している場合です。
身体のどこか一ヵ所が無意識に動いてしまうチックの症状が顔に出ていたり、視力が低下していたり、瞬きが多い場合には顔面チックかもしれません。
5つ目は、瞼が開かない場合です。
このような状況の時には眼瞼下垂、重症筋無力症、開瞼失効など重い病気である危険性もあります。
このように、様々な病気にも結びつくような症状がある場合には、目に良いことを試してみましょう。
例えば目に休息の時間を与えたり、遠くを見て筋肉の緊張を解いたり、血行を良くしたり、眼球を動かす筋肉のストレッチをすると良いでしょう。
また、バランスの良い食事をして全身を健康にすることが大切です。

以上のように、日常で気軽に出来る対処法を試してみましょう。

スポンサーリンク