口元が痙攣 原因 治し方

口元が痙攣する原因と治し方

スポンサーリンク

まず、口元が痙攣する原因としては、ストレスや疲労によって血行不良になっていることや、ビタミンやミネラルの不足、脳の血管の流れが悪くなっていること、顔面けいれんの前兆などがあります。
口元が痙攣する主な原因になっているストレスや疲労で起こる痙攣は血流がストレスや疲労で悪くなることで、筋肉の伝達が鈍くなって起こります。
また、ヘルペスが唇に出来ていた人は筋肉や血管が弱くなっていることがあり口元が痙攣しやすくなることがあります。
脳の血管の流れが悪くなることが原因で起こっている場合は、脳梗塞の予兆でもあります。
ただ、口元が痙攣することのみが脳梗塞の予兆ではないので他に原因があることもあります。
口元が痙攣し、瞼なども痙攣する場合は、顔面けいれんの可能性があります。
口元が痙攣する原因の多くは、ストレスや疲労による血行不良によって起こるものですが、脳梗塞などの予兆の可能性があるということも視野に入れておきましょう。

スポンサーリンク

痙攣の治し方としては、ストレスや疲労によって起こっている場合は、長時間の睡眠をとる、気分転換をする、適度な運動をするなどのリラックスし、疲れを癒すことができる方法があります。
ビタミンやミネラルの不足の場合の治し方は、栄養バランスの良い食生活を心がけることが重要です。
ビタミンが豊富に含まれる納豆、レバー、卵、や、ミネラルが豊富に含まれるきのこ、大豆などの食品を使いましょう。
また、食生活の改善は悪玉コレステロールの減少にも繋がり、痙攣を抑えることができます。
病気によって起こる痙攣の治し方は病院で治療していきます。
口元が痙攣するときには神経科を受診し、脳梗塞の疑いがある場合は脳神経外科を受診します。
また、ストレスなどが溜まっていて中々改善されない場合は心療内科で受診しましょう。
病院では、身体への負担が少ない薬物療法や手術によって血管に処置をおこなったり、通院して注射を打っていく治し方があります。

スポンサーリンク