頬がピクピクする 原因 治し方

頬がピクピクする原因と治し方

スポンサーリンク

頬がピクピクする原因は、片側顔面痙攣の初期症状の可能性が高いです。
片側顔面痙攣とは、顔の片側の頬が引きつったり痙攣したりする病気のことです。
初期の段階では頬がピクピクするのはたまにしか起こりませんが、進行していくと片目が見えなくなるほど痙攣することがあり日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。
頬がピクピクするのを放っておくと、顔全体に痙攣が広がったり、睡眠中にも痙攣するようになることがあります。
片側顔面痙攣は40代以降の中高年齢の女性に多く見られる病気です。
頬がピクピクする片側顔面痙攣の原因は悪玉コレステロールが血管の内側に付着して血管の流れを悪くしてしまうことです。
血管の流れが悪くなり、血管が硬くなってしまうと顔面神経を圧迫します。
また、顔の片側が麻痺する顔面神経麻痺や血管がふくらむ動脈瘤によって引き起こされることもあります。
ストレスや疲労などの心因性から引き起こされているものもあります。

スポンサーリンク

頬がピクピクする原因という片側顔面痙攣の治し方は、主に医療機関での薬物治療とボツリヌス療法です。
ボツリヌス療法は、健康保険が適用されたり、薬剤も低価格で提供できたりするので手軽に受けることができます。
薬物治療ではだるさや眠気などの副作用がでることがあります。
ボツリヌス療法では、人によってはまぶたが閉じにくくなることがあります。
また、医療機関では切開手術で血管を移動させることもできます。
片側顔面痙攣を日常生活から治す治し方は悪玉コレステロールを増やさないことが重要な治し方です。
悪玉コレステロールが増える原因としては、飲酒や喫煙、栄養の偏った食事、睡眠不足があります。
食生活では、油や脂肪の多いものは避けて、野菜や魚中心の食事を心がけましょう。
良質な睡眠をとり、ストレスや疲労を溜めこまないようにしましょう。
また、適度に運動をすることも効果があります。
ほかにも、アロマを炊いたり、音楽を聴いたりしてリラックスすることも大切です。

スポンサーリンク