眉間 痙攣 原因

眉間の痙攣の原因について

スポンサーリンク

眉間の痙攣の原因は、日常生活での目の酷使や睡眠不足などが原因として挙げられます。
長時間パソコンで作業をした後など、目を酷使しすぎた場合には、目の周りの筋肉が疲労していますし、その筋肉の疲労によって末梢神経が圧迫されてしまい、瞼や眉間に痙攣が起こると考えられています。
一時的な痙攣の場合には、目を十分に休めたり、睡眠をとることで解消されます。
慢性的に目が疲れてると、痙攣だけではなく目の奥や眉間、額にかけて違和感を感じたり、頭痛が起こる場合もあります。
仕事でパソコンを常時使うという場合には、ある程度目の酷使は仕方がないのですが、暗い場所で読書をしたり、スマホをずっと操作するなどといったことが原因の場合には、意識することによって目の酷使を抑制することができます。
目の疲れをとる方法として、蒸しタオルやホットアイマスクなどが有効です。
蒸しタオルは、タオルを水で濡らして絞り、ジップロックに入れて電子レンジで20秒ほど加熱すると作れます。

スポンサーリンク

ほとんどの眉間の痙攣は一時的なものであり、時間が経てば治まるので心配はいらないのですが、頻繁に連続して顔の部位がピクピクと痙攣するような場合には、耳鼻科や内科、脳神経外科などを受診されることをおすすめします。
そこで検査をいて異常が見当らなければ、ストレスが原因の場合もありますので、心因性の場合には心療内科の受診も選択肢となります。
中には顔がピクピクするといった症状の背景に、病気が隠れている場合もあります。
チック症や自律神経失調症、ドライアイ、うつ病などでも症状が出る場合があります。
これらの病気の原因は異なりますので、対処法も違ってきます。
顔の痙攣の症状が頻繁に起こったり、時間が経っても自然に治まらないような場合には、神経内科などを受診するようにしましょう。
顔という目立ちやすい部位で起こる症状であるがゆえに、周囲の人の視線が気になって、そのストレスから症状が悪化するというケースもあります。
早めに医療機関を受診したり、目を休ませるなどケアを行うことが重要です。

スポンサーリンク