目 痙攣 原因 治し方

目の痙攣の原因と治し方について

スポンサーリンク

痙攣とは、自分の意思に反して、筋肉が勝手に動き強く収縮してしまう状態のことを言います。
痙攣が起こるメカニズムや原因には様々なものがあると考えられるため、予防や対策をしっかりとするためには、その原因を知って正確な治し方を把握しておく必要があります。
痙攣の原因には疾患の場合だけでなく、日常の生活習慣によって引き起こされていることもあります。
例えば、目がピクピクと勝手に動いてしまう症状のある方は、長時間スマホをいじっていたり、パソコンでの長時間にわたる作業など、目を酷使することにより、目の周りの筋肉が疲労して、筋肉のコリやむくみに抹消神経が圧迫されて痙攣が起きてしまうと言われています。
また、睡眠不足の状態である時にも目の痙攣が起こりやすくなります。
さらに、目の酷使や睡眠不足だけでなく、ストレスなどの心理的要因が痙攣を引き起こしている場合もあります。
快適な生活を送るためにも、この症状を改善するための治し方をいくつか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

瞼がピクピクするといった症状の治し方として、まず目を休めさせてあげることが考えられます。
日頃、パソコン操作やスマホの操作など、液晶画面を長時間見つめて目を酷使している方は、眼精疲労が溜まっているため、しばらく眼球を休ませてあげましょう。
また、睡眠不足の方は、しっかりと睡眠時間を確保し、たっぷりと睡眠を取ってあげることが大事です。
さらに、日頃ストレスを感じている場合は、その原因を考え、ストレスの原因を除去できるようであれば、その除去に努め、難しいようであれば、自分に合ったストレス解消方法を見つけて試してみることも大切です。
ストレスと向き合い、それを軽減することにより症状が軽くなる可能性もあります。
痙攣は一時的なものである場合が多いですが、頻繁に症状があらわれたり、紹介したような治し方を実践してみたが、効果がないという方は、疾患の可能性もあると考えられるため、一度病院で診察してもらい医師に相談することをお勧めします。

スポンサーリンク