唇 痙攣 対処法

唇が痙攣した時の対処法

スポンサーリンク

得に何かしたわけでもないのに、ピクピクと唇が痙攣することがあります。
唇が痙攣する原因はひとつではなく、ストレスや疲労なども唇が痙攣する原因のひとつとなります。
そもそも唇の周りには血管や神経が複数通っていますので、血流が悪くなるとそれに伴って筋肉の動きも悪くなります。
その結果、痙攣が起きるようになるというわけです。
神経性のウィルス感染であるヘルペスになりやすい人は、特に唇が痙攣しやすい傾向があります。
一度ヘルペスに罹患すると、唇の筋肉や神経には傷がついた状態となっていますので痙攣しやすくなります。
また、ビタミンやミネラルなどの栄養素の不足によっても、唇の痙攣が起きやすくなりますので、日頃から意識してビタミンやミネラルなどを摂るようにし、バランスのとれた食生活を心がけるということも、痙攣に対する対処法となります。
たまに唇が痙攣を起す場合には、放っておくと止まりますしそれほど過敏になる必要はないのですが、何度も繰り返して唇の痙攣が起きるような場合には、その背後に重大な病気が隠れている可能性もあります。
何度も繰り返す場合には、病院を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

唇が痙攣する重大な病気として、脳梗塞が挙げられます。
脳梗塞の前兆の場合には、唇の痙攣だけではなく、頭痛や手足のしびれ、ろれつが回らないなどの症状も出ている場合が少なくありません。
このような症状が出ている場合の対処法については、早急に医療機関を受診するようにしましょう。
唇が痙攣して、尚且つ意思の疎通がとれない状態の場合には、脳の血管が詰まっている可能性もありますので、一刻を争います。
早期発見・早期治療ができれば、後遺症のリスクを格段に抑えることができます。
特に、高齢者の方や糖尿病の持病がある方は、唇の痙攣には注意が必要となります。
何度も唇の痙攣を繰り返すという場合の対処法は、何よりも病院を受診するということです。
ストレスが原因で時々唇の痙攣症状がある場合には、ストレス発散に効果的な適度な運動などが対処法となるのですが、何度も痙攣を繰り返したり、そのほかの症状がある場合には、どの対処法も行なわず病院へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク