眼瞼ミオキミア コーヒー カフェイン 原因

眼瞼ミオキミアはコーヒーのカフェインが原因

スポンサーリンク

短時間ですが医師と関係なく瞼だけが痙攣する状態が続く場合、眼瞼ミオキミアである可能性が高い。
基本的に症状としては片目だけ出てくる事や、数日から1か月程度で症状が治まること、あくまでも一時的なことが少なくありません。
眼瞼ミオキミアの原因と考えられるのがコーヒーを中心としたカフェインで、ミオキミアコーヒーと一緒にしてもいいほど有名な原因といえます。
そのため、眼瞼ミオキミアを治す方法としては、ミオキミアの影響であるコーヒーを中心としたカフェインの摂取を控えることです。
ミオキミアはコーヒーと一緒にされるカフェインを原因としていることが多いですが、それ以外にも生活習慣にも問題があることが少なくありません。
睡眠不足やスマホ、PCを長時間使っていて眼精疲労が蓄積している場合、コーヒーといったカフェインの過剰摂取を引き金として眼瞼ミオキミアが発症しやすいといいます。原因が複合的な場合、治せる範囲で治しておくことが、けいれんを早く回復させる良いポイントです。

スポンサーリンク

また、眼瞼ミオキミアはコーヒーといったカフェインが原因ではなく、仕事やプライベートのストレスが原因となる事も少なくありません。
そのため、原因となりうるコーヒーや寝不足だけでなく、ストレスを解消できる趣味を考えたほうがいいでしょう。
治療法として眼瞼ミオキミアは、温めても目薬を利用してもそれほど効果が実感できません。
ただし、カフェインを控え、眼精疲労を回復する効果が期待できるサプリメントを活用した人が、回復した例はいくつかあります。
そのため、眼瞼ミオキミアには、コーヒーといったカフェインを控えるだけでなく、回復させるためにサプリメントを活用することも選択肢の一つです。
目の疲労を回復させるためには、定期的に休憩をはさんでPCやスマホを使う事、目を酷使する仕事をしている人は、定期的に休憩を入れ、ノンカフェインのドリンクと、眼精疲労回復が期待できるサプリメントを利用することで、眼瞼ミオキミアから回復しやすくなります。
頻繁に眼瞼ミオキミア等のピクピク起きる頻度が多い場合などは、コーヒーなどのカフェインの摂取を控え様子を見てみることをお薦めします。
また、最近流行りのエナジードリンクなどカフェインによる疲労回復を目的とした飲料水も控えることを心がけることが必要です。

スポンサーリンク