顔 ヒクヒク マグネシウム 原因

顔がヒクヒクする原因は、マグネシウム不足が影響?

自分が全く意識していないのに、顔などがヒクヒクっと痙攣をしてしまう経験はありませんか?
顔はひくひくと痙攣したことは無いかも知れませんが、まぶたや唇が痙攣してしまった事は、誰もが一度はあるかと思います。
もしかしたらその原因にマグネシウムという成分が不足してしまった為に起きているのかも知れません。
今回は、顔がヒクヒクと動いてしまう状態とマグネシウムが不足することにより何故起きてしまうのかという原因を紹介していきます。

スポンサーリンク

 

【からだに必要な栄養素】
そもそもマグネシウムという物質は一体何なのでしょうか?言葉は知っていても、何故それが不足することが原因で、顔などがヒクヒクと痙攣してしまうのでしょうか?
この物質は人体に取っての必須栄養素のミネラルの一つであり、心疾患の予防や全身の筋肉や神経のコントロール。
そして、骨の形成にも使われます。マグネシウムが不足してしまうと、気分がめいってしまったり、食欲不振、または筋肉が痙攣してしまったりしてしまいます。顔などがヒクヒクと痙攣してしまう原因です。
しかし、顔などがヒクヒクと痙攣してしまう原因の一つであるマグネシウムが何故不足するのでしょうか?

スポンサーリンク

 

【激しい運動後は要注意】
マグネシウムが不足してしまう原因として、激しい運動をした後や、ストレスを感じてしまった時、アルコールを大量に摂取してしまった時、そして、肉類などを大量に食べた時があげられます。
激しい運動などをした場合には、顔ではなく足がヒクヒクと意識してなくても動いてしまったり、酷いときには足がつる場合があります。これは、筋肉が疲労している状態でマグネシウムが大量に使われ、足りなくなってしまった場合に起こります。
ストレスを感じるとマグネシウムは体外に排出されやすくなり、不足してしまいます。
アルコールを大量に摂取すると、その利尿作用により、様々な栄養素が排出されやすくなってしまいマグネシウムも排出されやすくなってしまいます。肉類などを大量に食べた場合は、肉類に含まれるリンという成分がマグネシウムの吸収を妨げてしまい、体内に吸収されにくくなるので、必然的に不足してしまいます。

 

顔全体や唇やまぶたなどの部位がヒクヒクと動いてしまう原因の多くはマグネシウムが不足してしまっている可能性が高いです。
自分の生活習慣を見直し、原因をしっかりと突き止めれば、ヒクヒクと顔が動いてしまう可能性を軽減することができるので、気になっている人は、現状を見直してみましょう。

スポンサーリンク