顔 痙攣 目の下 原因

顔や目の下に起こる痙攣の原因とは

スポンサーリンク

パソコンを使用したデスクワークなどを長く続けた後や、睡眠不足が続いた後、そして目を酷使した後に、目の下や上など、顔のどこかがぴくぴくと動くことがあるとされています。
そんな目の下の痙攣の原因の一つとして、顔面ミオキミアと呼ばれる病気があるのです。
目の上より目の下に多く頻繁に起こり、一年くらいその症状が続くこともあり、睡眠時間が足りていなかったり疲労がたまっていることで起こります。
知らず知らずのうちに発症している人が多いとされる病気です。
また、片方の目の周りが痙攣する片側顔面痙攣という病気も存在します。
顔の筋肉の片方だけが勝手に痙攣するという症状で、原因は脳とつながっている神経と関係しています。
病気とはいかなくとも、パソコンやスマホなどによる眼精疲労や、栄養不足により目の周りの筋肉に栄養が行き渡っておらずに異常が出ているなどという原因も考えられます。
そして、脳梗塞の前兆の一つにまぶたの異常があり、片側顔面痙攣に似た症状が出ると言われています。
違和感を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

顔周りの痙攣の原因のほとんどは、やはり眼精疲労によるものが多く、早く治すためには何よりも疲労回復に努めることが先決でしょう。
単純な方法ですが、しっかり睡眠をとって、蓄積された疲れを取り除くのが一番効果的です。
もちろん、目を酷使するような長時間のパソコン利用やスマホ、ゲーム、延々とテレビを見続けるなどの行為はなるべく避けるようにしてください。
それらを続けていくうちに、自然と目や顔の痙攣もおさまり、回復していくこととなります。
それでも、どうしても忙しく大切な用事があって休めないという場合は、ほんの少しでもいいので休憩時間を挟むようにしましょう。
また、体のストレスだけでなく、心のストレスも大きな原因の一つです。
リラックスできる時間を作るのも大切ですが、軽い運動をすることでも気分をリフレッシュできます。
寝る前のマッサージなども効果的で、気持ちを落ち着けることで質の良い睡眠を得ることができるのです。

スポンサーリンク