顔 痙攣 原因 治し方

顔の痙攣の原因と治し方

スポンサーリンク

片方の目のまわりが軽くピクピク痙攣するのを感じた事がある方は少なくないようです。
ただ、パソコンや細かい作業による目の疲れによるものかもしれません。
しかし、中には徐々に同じ側の顔面に広がっていく片側顔面麻痺というものがあるようです。
顔の痙攣は、片側に起こることがほとんどですので、片側顔面麻痺といわれているようです。
このような顔の痙攣の場合、広がると顔がひきつって歪んだり片眼がギュッとつぶったままになる事もあるようです。
そして同時に耳鳴りを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
これらの症状が起こる原因は、血管の内側に悪玉コレステロールが付着して、弾力性を失ったり固くなったりした血管が顔面の神経を圧迫しているという事のようです。
動脈硬化が分かる、ひとつの症状として改善していく必要がありそうです。
その為、このような顔の痙攣などの症状を、ただの目の疲れだと思わずに、原因を探る為に脳外科などの専門医への受診を早めに考えると良さそうです。

スポンサーリンク

そして、顔の痙攣が片側顔面麻痺だった場合の治し方ですが、抗不安剤や安定剤などの薬物内服療法と、ボツリヌス療法や手術という方法があるようです。
坑不安剤を服用する理由は、ストレスなどの精神的緊張も顔の痙攣と関係があると分かっているからです。
また、ボツリヌス療法と聞いてどんなものか不安に感じたかもしれませんが、痙攣をしている筋肉にボツリヌス毒素製剤を注射して、顔の痙攣を抑制させるものです。
短時間で終わる治療で副作用もほとんどないようです。
一回の注射で3ヶ月から4ヶ月効果が持続するようですが、様子をみて再度注射で抑える事が必要かもしれません。
ただ、それだけではなく普段の生活の中で取り入れたい治し方があるようです。
動脈硬化の進行を予防する事です。
上手にストレスを解消することや適度な運動、リラックス時間を持つ事や十分な睡眠、喫煙や飲酒をしすぎないことなどが挙げられそうです。
また偏りすぎない食事も大事かもしれません。
薬や注射だけに頼らずに顔の痙攣の原因をつくり出す血管の悪玉コレステロールを減らす生活が、片側顔面麻痺を改善させる治し方に繋がりそうです。

スポンサーリンク