下まぶた 痙攣 片目 原因

片目の下まぶたが痙攣する原因と対処法

スポンサーリンク

上まぶたがぴくぴく痙攣する症状を体験したことはありませんか。
スマートフォンやパソコンによる目の使い過ぎで出る症状だと言われています。
これらはしばらくすると軽減したり治ったりしますが、片目や下まぶたが痙攣する症状が長く続く場合は病院を受診した方が良いかもしれません。
これは片側顔面痙攣と言われるもので、四十代以上の女性が多く発症する症状だと言われています。
しかし、若い方や男性もその例外ではありません。
その特徴としては片目や片方の顔に症状が出ることで、下まぶたなど目の周辺がぴくぴくすることでこの病気に気づく人が多いようです。
顔面の血管が神経を触ることが原因で痙攣がおこるので、じつは顔では無く脳の病気なのです。
ではなぜ血管が神経を触ってしまうのかというと、動脈硬化の進行により血管が膨れるためだと言われています。
そのため疲労や睡眠不足、ストレスが原因になるとも言われています。
症状を和らげるために片目や下まぶたの痙攣を医療で直接改善することも必要ですが、その根本的な原因であるストレスなどを取り除いてあげることも大切です。

スポンサーリンク

片側顔面痙攣は体に重大な影響を与えることはありませんが、顔の片側が頻繁にぴくぴくしていることで人の目が気になることもあるでしょう。
この症状は自然に改善されることは無いので、気がついたら速やかに医療機関に行くことがお勧めです。
対処法としてはまず、薬の服用があります。
ストレスや疲労を取り除くために抗不安薬や筋弛緩薬が処方される場合があります。
しかしこれらの薬は副作用があり、眠気やだるさを引き起こすこともあります。
車の運転や仕事への影響などを考え、医師と相談しながら服用すると良いでしょう。
次にボツリヌス菌の注射があります。
これは美容外科のシワとりなどでも使用されているもので、一時的に顔の筋肉を弛緩させる効果があります。
効果は永続的に続くものではないので、切れたらまた注射をする必要があります。
効果が得やすい対処法ですが、一時的に顔が麻痺する副作用が出ることもあります。
そしてもうひとつ、手術という選択肢があります。
これは耳の後ろを切開し、直接神経を触れないように移動させる施術です。
二週間ほどの入院が必要になりますが、有効的な対処法でもあります。
髪の生え際に近い部分を切開するため、女性なら髪の毛を下せば気付かれにくいでしょう。
しかし、まれに手術しても再発する場合や聴覚に支障が出る場合があるので注意が必要です。
どの対処法をとるのが自分に合っているのか、医師と相談しながら治療することが大切です。

スポンサーリンク