顔 ピクピク 頬 病気

顔と頬がピクピクする病気

スポンサーリンク

顔や頬がピクピクと痙攣したことがあるという人は少なくありません。
それは単なる疲労から来ていることもありますが、病気の症状である可能性もあります。
顔がピクピクする病気としては、顔面神経痛があります。
これはストレスをため込んだ結果、血管が詰まり、それが顔面の神経を圧迫し、そうなるのです。
こうなった場合の対象法としては、何がストレスの原因になったのかをまず見極めましょう。
人間は知らないうちに、日常生活の中で苛立ちを募らせていることがあります。
特に面倒なことをしている覚えもないのに身体の具合が悪くなったのであれば、まずは自分が毎日をどうやって過ごしているのかを思い出すのが有効です。
ストレスの原因が明らかになったら、それをなるべく取り除くか軽減するようにしましょう。
どうにもならないと諦めていては、治るものも治りません。
原因を解決できないのであれば、せめてそれを忘れられる時間を作りましょう。
夢中になれるものを見つけることが有効です。

スポンサーリンク

頬がピクピクとする病気としては、変速顔面痙攣があります。
これは名前にあるように、片側の頬だけが震えるものです。
これは自分の意志とは無関係の起こります。
また、発症するのは40代以降の女性が多いのも特徴です。
発症初期は時々しかそれが起きませんが、症状が進行すると就寝中にもそれが起きるようになります。
また、片目が閉じてしまうほど引きつりが起きることもあり、そのため外出や人と会うのが嫌になり、引きこもりになる人も出てきます。
片目が開かない訳ですから、自動車の運転なども当然難しくなるため、日常生活にも支障が出てくる病気です。
その発症原因としては、頬の内側にたまった悪玉コレステロールが固くなり、神経を圧迫するためだと言われています。
ストレスや緊張感の持続を発症理由とするものもあります。
その治療法としては、抗うつ剤や抗不安剤の注射、内服薬の服用となっています。
手術が用いられる場合もあり、いずれの場合にしても専門医との相談は必須です。

スポンサーリンク